読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ厨二病

RとPyhtonを使ったデータ分析・統計解析らへんの話題をしていくだけ

Microsoft Cognitive Service Face APIにローカル上の画像を投げる

dichikaさんのMicrosoft Cognitive Serviceを使った記事APIに投げる画像はサーバ上にある必要がある、ということだが、リクエストボディのContent-Typeapplication/octet-streamを指定することでローカルファイルをサーバを経由せずに直接投げることができる。

こんな感じでやる。検証用の画像として、件のGlobal Tokyo.R集合写真を使う(メガネのおじさんたちがメガネのお姉さんになってくれやしないか… ) 。Ocp-Apim-Subscription-Keyに与えるAPIキーは各自が用意したものを使うこと。

library(purrr)
library(httr)
# 対象の画像のパスを指定する
x <- "~/Desktop/oretachino_globaltokyo_r.jpg"  # 幅5000pxに引き伸ばし
base.url <- "https://westus.api.cognitive.microsoft.com/face/v1.0/detect"
result <- httr::POST(base.url, body = upload_file(x), query = list(returnFaceAttributes = "age,gender,headPose,smile,facialHair,glasses,emotion", 
    language = "en"), httr::add_headers(.headers = c(`Content-Type` = "application/octet-stream", 
    `Ocp-Apim-Subscription-Key` = <api_key>))) %>% 
    httr::content()

先述の通り、Content-Typeの値をapplication/octet-streamに変更するのと、 readBin()を使ってローカルファイルをバイナリとして読み込ませる指定するという話。

ご指摘いただきました。ありがとうございます。

qiita.com

これらのアップロードにおいては,データはサーバにストリーミングで送信されます.データがRにチャンクとしてロードされ,リモートサーバに送られるのです.したがってメモリに収まらない大きなファイルもアップロードすることができます.

結果について確認しておくと、メガネ率は少し異なっている。画像のサイズが違うのだろうか。SwimmingGogglesつけてる人誰や…

result %>% map("faceAttributes") %>% map_chr("glasses") %>% 
    table()
## .
##       NoGlasses  ReadingGlasses SwimmingGoggles 
##              18              12               3

Enjoy!

広告を非表示にする